HIDご臨終

先日、下道400kmツーリングで活躍してくれたアドレスV125。乗り始めた5年前にHID(ヤフオクで¥5,000の中華製)を着けてからほぼ問題なく動作していましたが、1年ほど前から不具合がちらほら。

具体的にはHID点灯中にグリップヒーターが作動しなくなる程度だったんですが、先日のツーリングではHIDがチラついた末に消えたり、エンジンのスパークが明らかに弱くなったり。純正の35Wハロゲンバルブに対して25Wタイプを入れたはずなんですが、これは明らかに電気を食い過ぎてるとしか思えない症状。小柄なレディにご馳走したらギャル曽根だった気分です。
かといって今更ハロゲンバルブには戻れないので、ここはひとつLEDバルブを検討してみよーかしら。カウル内で焼きそば状態のHIDハーネスも一掃したいし。
というわけで、誰かお勧めの中華LEDバルブを教えておくれやす!(←懲りない人)

4 Responses to “HIDご臨終”

  1. hori より:

    サインハウスの入れときなさいよ

  2. 青心 より:

    中華製LEDはいい事聞かないぞ。
    俺の知る限り、全員外して中華HIDに戻った(笑)
    そんな俺も中華HID

    • -Akito- より:

      中華製のLEDはやっぱりまだ駄目ですか~(笑)
      冷却ファンがすぐ壊れそうだなーと思っていたので、大人しく冷却フィンかリボン構造を探すことにします。
      バッテリーに余力があれば中華HIDもアリなんですが・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ