ガリ傷補修

ミラーを交換したので、次は転倒でガリガリ削ってしまった金属パーツを何とかしちゃいます。

削れてしまったのは、フォークボトムケースとアドベンチャーリヤキャリアのいずれも車体右側。しかも、これらはかつてパウダーすぐるでパウダーコートしてもらったこだわりのパーツなのです。もし普段からオフロードをガンガン走り込んで何度もふっ飛ばしていたならガリ傷なんて全然気にしないのでしょうが、どうも愛車がズタボロだとテンション下がっちゃう性格なのでなんとかしたいところ。

…かといって、へし折れたり曲がったりしたわけではないので、今回はガリガリの部分をヤスリで滑らかに整えて黒いタッチアップ塗料を塗ってごまかすことにします。

まずはリヤキャリア。アスファルトで削られた箇所をヤスリで大まかに滑らかにした後、徐々に細かいサンドペーパーで整えて…と思ったら、なんと細いスリットが出てきましたw

このリヤキャリアは中空構造のため、削りまくってると穴が空いてしまうようです。というわけでヤスリがけはここで中止!

たった1度の転倒(だといいな)のために黒いタッチアップ塗料を買うのも無駄な気がしたので、プラモ用に持っていたタミヤカラー(アクリル塗料)でぬ~りぬり。一気に厚塗りせず、小刻みに乾かしては数回にわけて丁寧に塗ります。転倒前の見た目には戻らないものの、近くで見ないと気にならない程度にはなりました。

フォークボトムケースの下端部もヤスリで整えてぬ~りぬり。特にこちらは気軽に交換できるパーツではないので、念入りにサンドペーパーで整えてから塗りました。確かワイズギアからアクスル部に着けるスライダーが出ていましたが、あれ着けたらしっかりガードできるのでしょうね。残念ながら生産終了品のようですが(苦笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ