USB充電器 何とか入手

長年iPhoneに使っていたUSB充電器。

今時めずらしい500mAという低出力で、バッテリーにやさしく充電できるところが気に入っていたのですが、iPhone 3GSの頃から7年以上使い続けてきたことで遂にプラグ部分がぶっ壊れてオシャカに。
仕方ないのでヨドバシカメラに行ってみましたが、さまざまなデザインのUSB充電器は置いてあれど、それらの出力は全て1000mA〜2400mAのものだけです。これは一体店員に訊いてみると、やはりスマホやタブレットの進化によるバッテリーの大容量化で売り場のUSB充電器もすっかり高出力タイプに置き換わってしまっとのこと。

なんてこった。

俺は一昔前のショボ〜い500mAの充電器が欲しいんだよ…ましてや2400mAの急速充電なんてもっての他だ。かつて付属充電器(1000mA)を毎日使ってバッテリーが早々に死んだiPhone 3GSから得た教訓、それは「充電は食事と同じ。早食いよりもじっくりよく噛んで食べたほうが長生きする」ってことです。実際にiPhone 3GSでは1000mA充電器を使って2年で死亡、しかし500mAでは4年使っても生きてました。
その後Amazonで500mA充電器を発見したものの、なんと¥2,000オーバーまで高騰してるでやんの。スペック的にはショボい製品のはずなのにプレミアがついてやがる。これはいよいよ生産完了品か?
こうなりゃハードオフのジャンクコーナーでも漁るしかないと思ったのですが、その前に別の用事でショッピングモールに立ち寄ったところ、チラリと見えたYAMADA電機の¥500ワゴンが僕においでおいでと手招きしてるような気がしました。何気なく覗き込んでみると…

こ、これは!!


というわけで、もちろん3個を大人買い。

1つ7年使えるとすると、あと21年間はじっくり充電できるぞ。年数的にiPhone17が出る頃までは安心ってわけです。
(旧車の部品を手に入れたような気分)

まぁその頃にはバッテリーが大容量化して
充電に24時間掛かりそうだけどな

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ