ETC2.0取付①

一晩中降り続いた雨が上がったものの、朝からどんより曇り空の土曜日。

いつ雨が降るかわからない空模様にもかかわらず、僕はセローちゃんに飛び乗ってR16へ繰り出しました。

行き先は地元のバイク用品店であるNAPS相模原店。
開店5分前に到着したところ、いつもは既に数台いるはずの駐車場には1台もバイクがナッシン!

何てったって今日の天気予報は曇りのち雨。こんな日に喜んでバイクで来るのはただのドMですが、それほどMでない僕があえて来店した理由…それはETC2.0の取付作業を依頼するため!

既にご存知の方も多い通り、ETC装着バイク限定の取り組みとして、2日間で高速道路が¥2,500で乗り放題のキャンペーンが今月下旬から始まります。加えてバイク用ETCの購入・装着には先月から¥10,000の助成金が出るようになったため、バイク用品店などではETC取付作業で入庫するバイクが増えてるとのことです。

基本的にバイクに関する作業は自分でやるAkitoですが、ETC装置は本体購入と店による取付がセットになっている(本体だけでは売ってくれない)ため、お店が空いているうちに依頼しちまおうという作戦です。

ところで、ETC装置は大まかに本体とアンテナ、インジケータの3つの部品で構成されていますね。これらが別々になっているのが別体式、本体に内蔵されているのが一体式と呼ばれていますが、Akitoはインジケータ以外はバイクの中にスッキリ隠したいので別体派。まぁ、そもそもバイク用ETC2.0はまだ別体式しか出ていないんだけどね。

そんなわけで、10時の開店と同時にMotoGPの決勝開始のごとくレジへ猛ダッシュ!ヒャッハー!ここは通さないぜー!

ところが…

店員「セローは取付作業はできないんですよ」

なぬ?

一体どういうことかと話を聞けば、セロー250は別体式ETCの取付スペースが無いとかで公式には作業の対象外だということ。

ちょ、待てよ!
そう簡単に諦めんなよどうかお願いします(/ _ ; )

まずい…このままじゃ¥2,500高速乗り放題天国がイリュージョンに…

さぁどうする?

そりゃーもちろん…続く!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ