奥多摩でレギュレーター死亡

本格的に涼しくなってきた今日このごろ。

紅葉の時期はまだ先だけど、バイクで走るには最高の季節到来!というわけで、ちょいとカスタムしてツーリングに繰り出しちゃうぞ。


セローのパニアケースをGIVIのE22に、エキゾーストパイプをSP忠男製POWER BOXに換装。ウッキウキな気分で出発だ!


今回の相棒は岡っち(DJEBEL200)。

インジェクションとABS着けて再販したのかと思うほど綺麗にレストアされた車体です。

奥多摩の倉沢林道は勾配のあるダートですが、オフ車同士なので余裕のヨッちゃんイカ。10年前にもスクーター2台で来たのが懐かしい。コケたけど。


さーて次の林道へ出発だ!

と思ったら、セローのセルが回らない。
うぞ…さっきまで普通に動いてたのに…

取り敢えず押し掛けでエンジンスタートしたものの、走り出して回転上げても灯火類はめちゃくちゃ暗いし電気式スピードメーターは無反応。こりゃバッテリーじゃないな。


翌日また押し掛けでエンジンを始動させ、レギュレータからの出力電圧を測ると…全然足りない。

バイクの季節\(^o^)/オワタ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ