ラゲッジフック取り付け

大きな荷物の積載に大活躍する、ワイズギア(ヤマハ純正オプション)のアドベンチャーリアキャリア。

もちろん我がセローちゃんにも装着しているのですが、リヤフェンダーの倍以上に拡幅されたワイドなアルミ製キャリアはその見た目通りの積載性が特徴。市販のバイク用トップケースはもちろん、ホムセンの巨大な衣装ケースも余裕で詰むことができます。

唯一残念なところは、ツーリングロープを引っ掛けるラゲッジフックが殆ど無いことです。一応キャリアの後ろ側には4箇所の突起が下向きにあるものの、前側には何もナシ。キャリアをサブフレームに固定するボルトにワイズギアのビレットラゲッジフックを使う手もありますが、GIVIのパニアケースと干渉してしまうため諦めていました。

「フックの位置をオフセットしてパニアケースを避けられたらな〜」と思いながらAmazonでさまよっていると、ある日こんなものを発見。

POSHのプレートウインカーステーです。

本来は同社製ウインカー用のステーですが、よく見るとオフセットステーとラゲッジフックが一体化した理想的な形をしてるじゃアーリマセンカ。

というわけで、パニアを外して早速装着してみました。見た目はごくフツーの違和感ない仕上がり(これ大事)。写真ではわかりにくいですが、ラゲッジフックの位置を前方にオフセットすることでパニアケースとの干渉を避けることができるのです。

百聞は一見にしかず、ということでパニアケースを装着してみたの図。ロープやフックを引っ掛けるには充分なクリアランスが確保され、また取って付けたような違和感もなく仕上がったと思います。

これで巨大なアドベンチャーキャリアを100%活用できるようになったので、いよいよロングツーリングへの期待が膨らみます。来年は北海道を走りたいな〜

そんな時間ないけどな(涙)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ