エンジンチューン(11)

ハイカムにベアリング等をひと通り組み込んだので、いよいよエンジンヘッドに組み込んでいきます。

ハイカムAssyをインストール。

できればヘッド奥側に残るインナーカムベアリングも交換したかったけど、ベアリングプーラー(特殊工具)が無いので断念。

まー多分大丈夫でしょう!(根拠ナシ)

アウターカムリテーナープレートでハイカムAssyを固定します。高速回転するハイカムが緩んで取れたら超デンジャラスなので、リテーナープレートはネジロックを使ってボルト留めします。

次はカムチェーンを着けたカムスプロケットをハイカム末端にボルト留めするのですが、クランクシャフト(腰下側)とこちらのカムシャフト(腰上側)が共にピストン上死点位置になるよう合わせる必要があります。

もしズレた状態で両者をカムチェーンで繋ぎ、エンジンを掛けた日にゃ下手すりゃオシャカに…シャレにならんぞ(涙)

Akitoにとっては初めての作業なので、くれぐれもエンジンを壊さないようここは特に慎重に作業を進めていきます。

まずはクランクシャフト(腰下側)を工具で回し、ポジマークを上死点位置に合わせます。

次に、カムシャフトスプロケットを回してポジマークもを上死点に合わせ、その位置でカムチェーンを掛けます。

そしてカムスプロケットをボルトで本締め。

カムチェーンに張りを持たせるため、カムチェーンテンショナーをシリンダー後ろ側から装着します。まずはミニマイナスドライバーを差し込んで回し、テンショナーロッドを引っ込めて…

あとはシリンダー本体にボルト留めし、ミニマイナスドライバーを抜くだけ。これでテンショナーロッドが内部で飛び出てカムチェーンがピンと張ります。

続いてエンジンカバー類を閉めていきたいところですが、その前にバルブクリアランスの調整やアレの取り付けが…

(もうちょっと続く)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ