新型セレナに自動運転技術搭載

ついに出た!

自動運転技術を搭載した新型セレナ(C27型:歴代5代目)が公開されました。8月に現行C26型からフルモデルチェンジして発売される新型の最大の特徴は、Pro Pilot 1.0と呼ばれる高速道路の同一車線内での自動運転機能が着いたこと。高速道路の車線変更を伴う自動運転(Pro Pilot 2.0)一般道も含めたフル規格の自動運転(Pro Pilot 3.0)は2020年デビュー予定とのことでまだ先ですが、長距離運転をすることが多い方には疲労度合いが段違いになるのでうってつけの機能だと思います。休日の大渋滞にうんざりしてたパパも、翌日の仕事に疲労を持ち越さなくて済むかも?

機能としては、完全停止〜再発進に対応した前車自動追従クルーズコントロールに加え、車線内走行をキープするステアリング制御が加わったもの。今までも路面の車線を認識した車線逸脱防止制御は高級車などでありましたが、Pro Pilot1.0は逸脱しそうになった瞬間だけでなく常にステアリングを制御するというもので、国産車では初ということです。
※安全のため、10km/h以上でステアリングから手を離すと作動しない模様

自動ブレーキやバックモニターの義務化の検討も始まりましたが、2020年に向けて急速に自動車制御の電子制御化が進んでいきそうな予感がします。

その一方で、これらの流れに対応できないであろうMT車はいよいよ消滅してしまうのではないでしょうか。いつかMT車に乗りたいと考えてる人は、まだプレミアがつかない今のうちがチャンスかも…

2 Responses to “新型セレナに自動運転技術搭載”

  1. ken より:

     そうなんですねーー。なんか子供のころ夢見てたものが実現していくので不思議な感じ。でも、怖いから自動運転信じきれなそう。高速は楽ですねホント。いつか買い替える時は大きなポイントになります。また更新楽しみにしています!

    • -Akito- より:

      自動運転社会、ABS導入当初みたいに最初は違和感があっても20年後ぐらいにはすっかり当たり前になってるかもしれないですね。
      このブログは僕が興味のあるネタをひたすら気ままに取り上げるだけなので、お気軽にお付き合いください(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ