なんちゃってクロームフォークカバー

ドラッグスタークラシック400にはフォークカバーが着いておりますが、クロームメッキでなくてくすんだステンレス。
多くのメッキパーツで構成されたドラッグスタークラシックの車体パーツで、フォークカバーだけこの色だと結構浮いて見えます。
シャドウやバルカンクラシック、イントルーダークラシックはシャレオツなメッキなんだから頼むぜYAMAHAさん。

と思ったら、ワイズギアからメッキフォークカバーが発売されているそうです。
モーターショーでその装着車両を見た俺は一目惚れ。家に帰って大好物のシーフードピザを食ってる間もメッキフォークカバーが頭から離れません。
「I want you!! お前が欲しい・・」 愛しさと切なさと心強さが衝動を駆り立て、もうどうにも止まらない。

しかし、3万円ほどする値段はビンボー学生にはちと厳しすぎた。
これが社会の授業で学んだ貧富の差ってやつなのか・・・

こうなったら自作するしかありません。今回もまたオート○ックスに突撃です。
さぁ、メッキシート君の出番です。

なんちゃってクロームフォークカバー_1

10cmあたり110円のものを90cm分買ってきました。
バイク用品店でも規模の大きいところでは売ってます。

こいつを外したノーマルのステンレスフォークカバーに貼り付けるだけで完成です。
イカサマカスタムかもしれませんが、完成すればかなり綺麗で納得です。
参考までにワイズギアのメッキフォークカバーは3万円しますが、これだと1000円ほどでできます。

なんちゃってクロームフォークカバー_2



DragStar Classic 400 “SPITFIRE”に戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ