iPhone7とLightningイヤホン

遂にiPhone7が発表されたぞ。

もはや秋の風物詩になりつつある、アップルによる新型iPhoneとiOSの発表会。iPhone7のハードウェアとしての新機能は、大まかなところでは防水構造、イヤホンジャック廃止、ステレオスピーカー採用、FeliCa対応といったところでしょうか。まさしく正常進化ではありますが、以前からリークされていた内容ほぼそのままで、新鮮な驚きが無いというのが悲しいところ。
とまぁ、iPhone7全体についての考察はそっち方向の詳しいポータルサイト様にまかせるとして、Akitoが個人的に気にしているのがLightningイヤホンの今後の展開です。

現行iPhoneで音楽を聴く方法を、音が悪い順に並べていくと以下のようになります。

Bluetooth無線接続(SBCコーデック)

3.5mmイヤホンジャック接続(アナログ)

Bluetooth無線接続(AACコーデック)

Lightning接続(デジタル・DAC内蔵)

今オーディオ業界ではBluetooth(AAC)対応品をプッシュしていて、Apple自身も今回iPhone7と同時にAirPodsというワイヤレスイヤホンを発表していました。

実はAkitoは最も音が悪いという位置付けのBluetooth(SBC)のイヤホンを使っています。確かにワイヤレスは便利。バッグの中にiPhoneを入れたまま音楽を聴いたり電話に出たりできますから。

しかーし、音はこもる上にワンテンポ遅れて聴こえるし、電池切れになると何も聴けないし、そもそもiPhone本体は常にポケットに入れてるので有線でも困らないんです。何よりも音質が残念すぎる。

という事でそろそろ買い換えたい、どうせなら最も音が良いとされるLightning接続タイプに!
(別体式のポータブルアンプはポケットに入らないので却下)

今回発表されたiPhone7には、イヤホンジャックが廃止されたということもあり、LightningイヤホンとLightning-イヤホンジャックアダプタ(DAC内蔵)が同封されるそうです。これはイヤホンジャックアダプタは従来のアナログイヤホンで聴いてた多くの人への配慮だと思われますが、無駄にかさばる上にアップルのDACはクソ音質との評判なので、Appleとしては所詮過渡期のアイテムに終わりそう。
となると、有線イヤホンの本命はやはりLightning接続タイプ。今回iPhone7にLightningイヤホンが付属する以上、Apple傘下のbeatsからも更に高音質を求めるユーザー向きのLightningイヤホンが出るのは恐らく時間の問題でしょう。
今現在、他のサードパーティーブランドからはLightningイヤホンは数えるほどしか出ていないけど、これをきっかけに一気に増えてくれる…かな?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ