Saddlebag Extension Kit(Harley-Davidson製)

ツーリングモデル業界(?)のバガースタイルの盛り上がりはとどまることを知りません。
元々はカスタムブランドのArlen-Nessのサドルバッグエクステンションが起源のこのスタイルですが、遂にハーレーも追従する形で2009年モデルのFLHXのCVOからサドルバッグエクステンション採用しています。

このエクステンション形状ですが、ハードサドルバッグ本体ごと延長タイプに交換するタイプと、純正ハードサドルバッグの下に追加するボルトオン形状の2つに大きく分けることができます。
もちろん、本体ごと交換するタイプの方が繋ぎ目が無いぶん見た目が綺麗です。
しかし何といってもお高いのと、もし立ちゴケしてガリガリ擦っちゃった時に気軽に交換できない。

というわけで、Tryfinityにはお手軽な延長タイプに決定!

早速届いた日に実験をしてみます。うりゃっ!

いきなりぶっ倒してみました。
とはいえ、エンジンガードの下に新聞を束にして敷いているので傷は付かないはず。


ノーマルのハードサドルバッグ。地面にはぶつかっておりません。


純正のロープロファイルサスを入れていますが、地面とのクリアランスは4cmほど。


ここでサドルバッグエクステンションを着けてみる。地面と干渉するようだったら対策を考えなきゃ・・・


おおっと、わかりにくいですが1cmほどクリアランスがあるようです!


というわけで、安心して導入できることがわかったので純正色に塗装して装着!
(買った後に安心してどうする)



Harley-Davidson FLTRI RoadGlide “Tryfinity”に戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ