もうひとつの目標②

それは去年の年末のことでした。
僕は寝る前にいつもヤフーニュースを見るんですが、一番下にあるコメント欄を眺めていたところ、こんな書き込みに目が止まりました。
「これからオシャレを始めたいという初心者は『服を着るならこんなふうに』を読むといい」
なんだって?
元々ファッション関係のニュースを見ていたわけではなかったのですが、自分のオシャレのセンスが絶望的なのを暗に自覚していたことと、具体的なタイトルまで挙げられていたことでそのタイトルに興味を持ちました。
早速ググってHITした紹介ページを眺めてみた。

ふんふん…オシャレは理論的に構築できて大金も必要ないだって?
もしそうであれば、きっと自分だけでなく、オシャレに二の足をふみふみしている世の男性諸君に立ちはだかる2つのハードルが一気に消えることを意味する。
そしてどうやらこの本、男性向けのオシャレ入門書として評価が高いとのこと。ではちょいと入手して観てみるか…

あぁコレわかるわ(即答
どうすればオシャレという印象になりやすいのか、なかなか理論的に解いている。男性はイメージ脳ではなく理屈脳が多いから、こんなふうにはっきりした法則性で説いてくれると理解→応用と進みやすくて助かります。そしてオシャレとはファッション誌のように闇雲にハイブランド品で固めることではなく、適材適所でユニクロもファストファッションも取り入れて作れることも描いてあります。
これを読んでいるうちに、「オシャレって敷居低いじゃんYo」「てか今まで服装を何も考えずに街を歩いてたのか俺」と色んな思いが湧き上がってきて、この1年で体型をシュッとさせてオシャレな服を着こなしたいと強く思ったわけです。
30代中盤になると、体型も服装も気を配っている人とそうでない人の差がいよいよ大きくなってきます。
「オラ…ダサいまま死にたくねぇだ」
Akitoは夕焼け空に強く誓い、アーバンスタイリッシュになるために行動し始めています。

なんせ今まで服なんて半年に1着ぐらいしか買わなかったのに、年明けの1週間で5着買っちまったぐらいだからな!
今まで無駄にクローゼットを占めていた、数年間着ていない微妙な服たちは全部まとめてリサイクルショップにFOR SALE。売れないゴミはバイク磨きのウエスとして第二の人生。そして空いたスペースには、思わず街に繰り出したくなるような服たちが。
というわけで、趣味がまた増えました(合掌

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ