演奏動画をYouTubeに投稿してみた

今日は久々に楽器ネタ。

友人がギターのかっちょいい演奏動画をアップしているので、自分もキーボードでマネしてみようと思いましたとさ。

しかーし、YouTubeにアップできるような高画質なHDカメラなんて持ってません。一方でiPhoneの動画モードはHD画質+60fpsの実力を誇りますが、音声はモノラルマイクでしか録れないのが難点。

iPhoneにステレオライン入力があればなぁ…と考えながらググると、LINE 6のSONIC PORTというコンパクトなデバイスに行き着きました。


これは、どちらかといえばエレキギターを繋ぐもので、エフェクターやキャビネットをシミュレートしたアプリを通して出力することができます。
エフェクター内蔵のキーボードの場合はステレオライン入力さえしてくれればいいんですが、今はコレしかないと思い導入してみました。

思えば、ハモンドのステージキーボードSK1を手に入れてから2年あまり。オルガン独特のウォーターフォール鍵盤にもようやく慣れてきたので、そろそろ好きな曲で撮ってみたかったのです。

というわけで、さっそく1本試し撮り。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ