ハモンドオルガン(2)

さて、昨日に引き続きハモンドオルガンのネタを引っ張ってみます。
オルガンといえば大抵の人は教会や小学校、結婚式場に置いてあるものを思い浮かべるかと思います。しかし、元々パイプオルガンの代用品で今は多くの音楽に使われとるオルガンサウンドって一体どないな音やねん?
という感じだと思いますが、わかりやすく言うならこんな音です。
http://youtu.be/RUTbcTAOhwY
http://youtu.be/1Eon9I6kUVM
どこかで聴いたことあるでしょ?

まさかこれがオルガンの音だと思わなかった!そう僕も思いました。

もともとは高価なパイプオルガンを置けなかった小さな教会向けに作られたハモンドオルガン。やがて開発者の想定を遥かに超えた幅広いジャンルで使われていき、色んな独特な奏法も編み出されていきました。特に2つ目の動画のようにロックでの派手なオルガンパフォーマンスを見た日には、教会用オルガンを開発したはずのローレンス・ハモンドもあの世で真っ青ですな。
というわけで、この音を思う存分楽しみたい僕は中学時代からのヤマハのキーボードに加え、半年ほど前にハモンドのSK1というステージキーボードを買い足しました。

  

ハモンド歴はまだ半年ほどですが、ようやくグリッサンド(手を左右に滑らせながら複数の鍵盤を弾く豪快な奏法)も慣れてきました。今はYouTubeがあるから先輩たちの技を簡単に学べます。いい時代だな〜
ところでYouTubeやニコニコ動画には「演奏してみた動画」と呼ばれる腕自慢達の楽器演奏動画が多数アップされていて、そのうち自分も投稿してみようと思います。

その前にまずは自分の演奏を録音してみようと思い、キーボードから古いMDデッキにライン接続。しかし、今さら新品の録音用MDは無いので、高校時代のお気に入り曲が入ったMDの最後に追加で録ることにしました。

  
よしいくぜ。
息を深く吸い込み目を閉じる。

ここは5万人が詰めかけた日本武道館。

ツアー最終日の今日は大みそかのカウントダウンライブ。アリーナ席から二回席までファン達のうちわやタオルがはためいている。
鍵盤に手を掛け、一心不乱にプレイ開始!

全身を揺さぶりながら想いの全てを鍵盤に叩きこむ。さぁ感じてくれ俺のソウル!

…というわけでドヤ顔でじゃんじゃんバリバリ演奏した後、いそいそとMDデッキの録音停止ボタンを押す。ポチッ

– NOW WRITING –

……

………(イライライラ)

\ERROR/

アッーーーーーー‼︎‼︎‼︎

MDデッキ「ニコニコ生放送での生演奏しか認めん」
こ、この野郎…

しかも単に録音できなかっただけでなく、なんと高校時代からのお気に入り曲まで全消去するという高性能っぷりを披露。
古いMDデッキはいろいろ危険です…

2 Responses to “ハモンドオルガン(2)”

  1. 岡っち より:

    あれ??
    ハモンド買い足した❓
    2台になってる気がする、、、

    • -Akito- より:

      元々使ってた傷モノと新品を入れ替える時に記念撮影したのさ(笑)
      いま下段にはYAMAHAが載ってるよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ