ソーラーチャージャー・運用編

セローのバッテリー充電用に使っているアストロのソーラーチャージャー。メルカリで送料込みで¥1,400という貧乏人歓喜プライスでGetしましたが、果たしてその実力は如何に?

基本的には台風の時以外は繋ぎっぱなしで放置プレイしてきたわけですが、実際にどれほどの電圧までチャージできているのか。車体側コネクタに繋いでいたソーラーチャージャーを外し、セルスタートする前に電圧をテスターで測ってみます。どれどれ…


わぉ、余裕の13V超え達成!!
(12.5Vあれば問題なしと言われる)

まさかエンジンを掛けていない状態でここまで電圧が高いとは嬉しい誤算!
どうりでセルモーターが元気に回るわけですが、アストロのソーラーチャージャー、期待以上の働きをしてくれました。

元々このソーラーチャージャーはクルマ用で、バッテリーの電圧低下を緩やかにしてくれるという触れ込みのもの。防滴仕様の上、セローの小型バッテリーだと余裕で満充電できるほどの出力なので、400cc位までのバイクのソーラーチャージャーとしては今のところベストバイだと思います。

だからずっと廃盤にしないでちょ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ