キレッキレなB787

最新鋭ハイテク旅客機・ボーイング787。
大きく反り返った炭素繊維製の主翼と巨大な双発エンジンがトレードマークのB787は、軽量ボディと高効率エンジンが実現した省燃費性能と中型機らしからぬ遠距離航続性能で、デビューと同時に世界中の国際空港を席巻することになりました。それまで座席数を持て余していた大型長距離機に代わり、ちょうど良い座席数の中型長距離機を用意できたことで採算ラインに乗せられるようになり、今まで需要があったにもかかわらず躊躇していた路線を次々と開拓できたからです。

登場初期はバッテリーの問題はあったものの、一瞬で国際線のゲームチェンジャーの名をものにした功績の大きさは言うまでもありません。
さてこのB787ですが、先日ファーンボロー航空ショーでANAに納入される機体(胴体延長型のB787-9)がデモフライトをしている映像があります。

https://youtu.be/CwxGDdsI_bU 

旅客機らしからぬキレッキレな動きは、ボーイングのテストパイロットによるものでしょうか。カントリーロック流しながらルートビア片手に「ガハハハ!実戦を思い出すぜ!」と笑う元空軍エースのヒゲオヤジがコックピットの窓から見えるようです。旅客機でこんな俊敏な動きができるのかとびっくりしますが、乗客が乗ってたら機内食の逆噴射は避けられそうにありませんね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ