暴君ハバネロ229

みんな、2/29は何の日か知ってるか!
その日は4年に一度のニンニクの日。

そんなおめでたい日を記念して、東ハトから暴君ハバネロ229(ニンニク)が新発売だ。

  
思えば暴君ハバネロシリーズが発売されてかれこれ10年以上。

その間に基本的な「暴君ハバネロ」をはじめ、様々な派生製品が発売されてきました。自他共に認めるハバネラーのAkitoもその度に楽しませて頂き、今回も例外なく午後のおやつとして衝動買いです。
さっそく食べた感想としては…うむ、普通にうまい。ニンニクと赤唐辛子の組み合わせ自体は今さら新しくもないのですが、この「229」は暴君の激辛テイストを抑えて生まれた余地にうまくニンニクの風味を入れているため、味の濃さはトータルバランス的にちょうどいい。

また、ノーマルの暴君ハバネロはその辛さからして水が必須ですが、これは水なしでも気軽に食べられる程度の辛さ。感覚的には湖池屋カラムーチョより少し強いぐらいといったところでしょうか。
あとは…年々減り続ける内容量を何とかしてください東ハトさん(涙)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ