熱湯入りのカップ焼きそばをバイクで運んでみた

さて。

突然ですが…セカンドバイク入手しゃいました!
て言っても125ccのスクーターだけどね。

ご存知の通り、我がSPITFIRE号はヤマハのドラッグスターというバイクです。
そんなスターオーナーとしての自分、2台目も当然スターシリーズを選びました。

さぁ登場です!

スズキの

ヴェクスター

あ、ちょっと待て、今心の中でこいつの事密かにバカにしたべ!?

まぁ確かに見た目はしょっぱい原付だけどこいつはなかなか便利。英語で言うとusefulだ!

なんせコンパクトなボディに原付の2.5倍にあたる125ccのエンジンを積んでいるので、原付の駐輪スペースに止めたり渋滞の街中を2人乗りでスイスイ移動できたりと大活躍。税金も保険も燃費も原付と大差ないのに、原付のような30km/h規制や二段階右折もナシ。でもその気になれば3桁のスピードが出ちゃいます。

※ただし、1日後ろに乗せたヒカル(バイク仲間)曰く「振動でケツが割れそうだ」とのことだった。みんな生まれつき2つに割れてる気が…

最近はSPITFIREを魔改造しすぎて無駄にでかくなってしまったので、街乗り用として買ったこの中古のヴェクスター。バラしている最中のSPITFIREのパーツを買いに行ったりもでき、予想以上に大活躍中です。もはや弱点と言えば高速に乗れない事ぐらいしか見つかりません。
ぐぬぬ…恐るべし原付2種。

 

んで。

ここにこいつを登場させたからには、単に紹介だけでは終わらないって事、もうみんなはわかってると思います。さっそく俺はセカンドバイク・ヴェクスター君にまたがり、ストリートへと繰り出します。

向かう先はセブンイレブンいい気分。

おでんや雑誌なんぞに目もくれず、カップ麺コーナーに一直線に向かって手にしたもの。それは…

新発売の暴君ハバネロやきそば

まるで食べ物とは言いがたい負のオーラの塊をレジに通し、すかさず熱湯を臨界線まで投入。

気合も十分、まさにすぐ食う気MAXです。

そしてセブンイレブンの扉を開ける俺。
そこには無限に広がるBATTLE FIELDが俺を待ち受けていた。

「俺に勇気をくれ…!」

古びた戦友の写真を握り締める俺。

知られざる自分の全てを賭けた男の闘いがいま幕を開ける。
何も躊躇する事なく、俺は闘いのステージに向け、あるモノをヴェクスターにセットした。

暴君、リヤシートへ!

・・・・・・

心から反省している

俺は何て愚かな事をしたんだろう

我慢できなかった

溢れるエモ-ションを抑え切れなかった

だが死ぬまでにどうしても一回やってみたかったのだ。

 
自宅までのカップ焼きそばバイク便(熱湯入れたまま)を。

 

この気持ちを犯罪者風に表すとこうなるだろう↓


むしゃくしゃしてやった

カップ麺をバイク運べるなら何でも良かった

今は反省している

そしてリヤに暴君やきそばを積んだヴェクスターで、セブンイレブン駐車場から公道に出る俺。
ここから自宅までは約3分。順調にいけば到着したと同時にちょうど食べごろになるはずだ。

問題は、カーブでヴェクスターの車体を傾けた時に熱湯がこぼれないかどうか。
とりあえず一応理系なので考えてみるとするか…

よし完璧だ!
まったく問題ない!

(by 単位が崖っぷちだった大学生)

 

これで暴君の安全は理論的に実証されたに違いない!
そう考えながらも既にスピードメーターは60km/hあたりを指しているが、容器の中の麺、熱湯、キャベツといった全てのマテリアルは非常に安定しているようだ。

人類の歴史、それは挑戦の連続だった。

1879年 トーマス・エジソンによる電球の発明に成功

1969年 アポロ11号による人類初の月面着陸に成功

そして

2004年 バイクでのカップ焼きそば輸送に成功

今まさに人類未踏の領域へ走り出したヴェクスター。そして最初のカーブを慎重に抜け、裏ストレートに突入する。

あとは1つカーブを抜ければもう家が見えてくる。視界の上には鮮やかな秋空が広がっていた。浴びる風が心地良い。全てが順調だった。そう…順調のはずだった…
だがその時、ミラーに小さく不気味な影が映りこむ。そしてあっという間に後ろにビタ付けしてきたそいつは

全身フルスモークの高級車

「うわーちょっと待て頼むからそんなに煽…!」

じょばば~

「あぁっ暴君が!!」

ぼたぼたぼた

「麺まで出てくんなー!!」

というわけで、少しだけ半強制的湯切りをくらいながらも無事部屋に到着。
ちなみに俺の部屋は2階にあるが洗面台などはないが、カップやきそばの湯切りをするためにいちいち1階の洗面台まで降りるのはウルトラめんどくさいので、俺は2階のベランダからD(ダイレクトに)、N(熱湯を)、T(投下する)、名付けてD.N.T.オペレーションをモットーにしている。

そして俺は湯切り口をおもむろに開く!

べりっ

さぁカップやきそばオープンセレモニーの湯切りだ!行け暴君~

-しかし次の瞬間-

あっしまった…手が滑っ…

ヒュルルルルル…

ブボッ(注:落下音)

 
一行日記 4年2組 アキト

きょう、にわに赤い花がさきました。やきそばの花です

THE END

 

-EPISODE-

さて、その後どうしたかって?
えぇ・・もちろん買い直しに行きましたとも暴君二世を。

今度は路線バスに煽られたけどな(涙)


ツーリングレポートに戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ