自作タンクデカール

Akitoの愛車・Tryfinityはシルバーに黒いストライプのロードグライド。
シルバーに黒のアクセントを組み合わせたボディカラーが好きなのですが、唯一気に入らないのはタンク横のおもちゃっぽい「HARLEY-DAVIDSON」ロゴ。
かといって他は気に入っているので、全塗装し直すというほどでもないわけで。

あー、このだっさいロゴだけ変えたいなぁ。
と思いながら地元のオート○ックスのカッティングシート売り場を通りかかった時、あるもの(当然カッティングシート)が目に入った。

「KO☆RE☆DA♪」

というわけで、適当な長さの黒色のシートを買ってきました。
タンクのストライプの幅に合わせてジョキジョキ切って・・・

こうしてペタッと貼り付ければ、このダサいH-Dロゴとおさらば。
無印良品みたいなノーブランドバイクになりますが、この上に好きなロゴのカッティングシート貼ればいいのです。

ちなみにドラッグスターのエンブレムを貼ってみようと考えたことはナイショだ


予め注文しておいたクローム調のカッティングシートを貼ってイメチェン!
この疾走間ある書体はロードキングのものです。


カッティングシートが余ったので、これまたシルバー1色(無地)の寂しいサイドカバーに貼り付けてみます。
目標はハードサドルバッグのストライプと視覚的に繋げ、一体感を出すこと。
しわが寄りそうな箇所はドライヤーで暖めて伸ばしながら慎重に貼ります。


そんなこんなで完成!

全塗装しなくとも、ニセのストライプで超お手軽にイメージを変えることができました。
細かいでこぼこの隙間に残ってしまう練りワックスは使えませんが、プレクサス等の透明なワックスは使えるので問題ナシ。

ちなみにキングツアーパックのストライプやロゴもカッティングシートですが、こちらはまた別のページで!



Harley-Davidson FLTRI RoadGlide “Tryfinity”に戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ