エンジンチューンが無事に終わり、キャブレターからのがそオーバーフローも落ち着いたセローちゃん。

エンジンを弄り終えた記念に、エンジン左側のシリンダーヘッドのAIメクラ蓋をKファクトリー製のゴールドプレートに換えて満足していたものの、今度はエンジン右側にも何かワンポイントが欲しいな~という謎のDESIREがムラムラと湧き上がってまいりましたw

こちらはエンジン右のオイルフィルターカバー。黒いリンクルスプレーで自家塗装していたものの、最近白ボケしてみすぼらしくなっていました。よく大型ネイキッドでクラッチカバーをビレットタイプに換えてるカスタムマシンがありますが、あんな感じの「ハイパフォーマンス感」を出してみたいのです。

そんなこんなで手に入れたのがこんなやつ。

オイルフィルターカバー(ZETA製)

セロー用のパーツを数多くリリースしているZETAですが、こんな見た目だけの盆栽ドレスアップパーツも出しているんです。公式には追加されたフィン形状追による冷却性能アップを謳っていますが、どう見てもそのフィンが見つかりませんw

とはいうものの、ジュラルミン製のビレットパーツ特有のテーパーエッジの効いたデザインはハイパフォーマンス感を演出するには充分。落ち着いたブラックアルマイト仕上げもそれを主張し過ぎないばかりでなく、黒いクランクケースカバーとのマッチングも良さそう。

実はこのパーツ、最近まで長期欠品していたのですが、ようやくAmazonに入荷したのですぐさまGETしました。標準のシルバーのクランクケースカバーとのマッチング写真はネットでググれば出てくるのですが、果たして黒いクランクケースカバーと合わせるとどうなるのか…?

(つづく)