パニアケース交換

最近はTVをつければどの局もコロナコロナステイホームで、まったくテンションの上がらなかったゴールデンウィークも間もなく終わろうとしておりますこんばんは。

かつて平成はバブル崩壊に見舞われたけど、令和はいきなり世界恐慌で幕を開けちゃって、この波乱の時代で溺れ死なずにどんぶらこっこと乗り切ることが果たしてできるのか。かつて何も考えずに原付でお湯を入れたカップ焼きそば運んでいた平和でアホな頃が懐かしいです。まぁ愚痴っぽい事を書くのは元々苦手なので、ネタがあるうちは引き続きバイクネタで引っ張っていきますYO!

というわけで、今回はいよいよセローのパニアケースを新調します。

ヤフオクでGIVI・E22Nパニアケース(左右)の新品を¥14,000でGET。そのうち、転倒でガリガリのバッキバキになってしまった右側を交換します。ただし、このような吊るしの状態ではなく以前から施していたオリジナルグラフィックをこちらにも施すことにします。

まず、GIVIのエンブレムを容赦なく剥がします。

別にGIVIに何も恨みはありませんが、パニアケースのこのは唯一シボ加工がなく、任意のエンブレムを着けやすくなっているため、後ほどあるものを着けることにします。

左側パニアケース(転倒していない側)には、以前カッティングシートで自作したオリジナルグラフィックが貼ってあるため、向こう側が透けて見える適当なA4用紙に転写します。

グラフィックを転写して切り抜いた型紙を、新しく用意したカッティングシートに転写して切り抜きます。ここではさみを使って空中でジョキジョキ切り抜くと微妙にによれてしまうため、カッター台の上でデザインナイフかカッターナイフを使って切り抜くのがおすすめ。

オリジナルグラフィックの形状に切り抜いたカッティングシートを貼り付け、先代の右側パニアケース(転倒で破壊したもの)からヤマハの音叉エンブレムを移植します。目標はワイズギアの純正オプション風(笑)

後はキーシリンダーを移植してパニアケース完全復活!

最近はオフ車界でもフルパニア3点セットで武装したアドベンチャースタイルが人気ですが、Akitoは大型スポーツツアラーみたいに左右のパニアケースのみ装着したロー&ワイドなスタイルが好きなのです。

まぁ、車高の高いオフ車の時点で低重心もへったくれもないけどな!

2 Responses to “パニアケース交換”

  1. RT より:

    初めまして。私も同様にパニアケース装着を考えているので大変参考になります。パニアのみのロー&ワイドなスタイル、まったく同感です!
    私のセローはアドベンチャーキャリアを外しているため、モトコ製のノーマルキャリア用ステーを購入予定です。
    これからも参考にさせていただきます。

    • -Akito- より:

      RTさん初めまして。
      おぉ、解りますか!しかも手軽なソフトバッグでなく車体と一体感のあるパニアケースがいいんですよね(笑)
      リヤキャリアレスでパニアを装備したセローは見たことないですが、本来のシンプルなテールカウルの左右に着けると尚更ボリューム感が強調されそうですね!見てみたい…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ