新型インプレッサ 秋に登場

スバルのグローバルCセグメントカーのインプレッサ。
1992年に初代モデルが登場して以来、手頃なサイズでエントリーグレードからスポーツグレード、クラシック調モデル、クロスオーバー、そしてハイブリッドまで揃え、今や同社のDセグメントカーのレガシィと双璧をなす主力車種となりました。

そして今年の秋、いよいよ4代目のインプレッサが登場するとのこと。

ん〜随分とエレガントになりました。

ダサいけどWRCでバカッ速だった初代インプレッサを知る世代としては隔世の感があります。競合車がフォルクスワーゲンGOLF/JETTA、トヨタオーリス、MAZDA 3(アクセラ)あたりなので、随分とクオリティを上げてきました。従来の箱型基調のスタイルに別れを告げ、特にセダンはCピラーを更に傾斜させてクーペライクなスタイルになりましたが、その分短くなったはずのトランクリッドをしっかり際立たせていて寸詰まり感はほぼ無し。また、要所要所で複雑なねじれ面や凹み面を巧みに使っていて、かといってやり過ぎ感もなく、退屈さやバタ臭さを感じさせません。個人的にはちょっとフロント周りがケバいけど、全体としては大いにアリ。

続いて内装。

いちばん驚いたのがこの内装クオリティです。スバリスト達には悪いけど、今までのスバル車の内装は、質実剛健だけど上質感や遊びゴコロが足りなかったと思います。性能はしっかりしてたけどいまいち華がなく、職人気質の技術屋が作り込んだクルマという感じでしょうか。
しかーし、何ということでしょう…新型インプレッサは「何が起きた⁉︎」という変貌っぷり。外装デザイン格上のレガシィすら追い越してしまったことをスバル自身も認めているぐらいです。おそらく、世界戦略車としてグローバル展開をする上で、内装クオリティの面でも本気で競合車を凌駕する必要があったのでしょう。

メカ的には駆動方式がFFとシンメトリカルAWDで、エンジンはとうとう2.0Lの水平対向4気筒のみ。レヴォーグにあったようなダウンサイジングエンジンが無いですが、後から追加されるかもしれません。プラットフォームは「スバルグローバルプラットフォーム」に一新。そして全グレードでアイサイトが標準装備となるので、いよいよMTは消えるでしょう。「MT厨はWRX STiを買ってね☆」ということか。

この新型インプを基に次期型のWRXやレヴォーグが作られるのであれば、ちょっと楽しみです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ